メインコンテンツに移動

私たちの大使

  • joan marc embajador limerencia

Chef

ジョアン・マルク・シェフ

自然のままの料理の本質

ジョアン・マルク氏はかなり若い頃から料理に対する情熱を抱いていました。 ホテル・ソン・ブルル・デ・ポリェンサ、リーズ、サン・パウやエル・ラコ・デ・カン・ファベスなどのレストランで料理長を務めました。

ミシュラン星の様々なレストランで勤務した後、ポリェンサの小さなルレ・シャトーで8年間シェフを務めました。
家族と仕事を彼の原点に戻すことを決意し、インカに自身のレストランを開きました。レストランは大きな広場にあり、明るい光が差し込み、自然にインスピレーションを受けた現代的な装飾が興味深いです I職人の手作りの宝石を吊るした木の柱まであります。

彼の顧客は、フォーマルでない素晴らしい雰囲気を楽しみ、そこでは、キッチンで料理をするシェフを見ることが出来ます。 ジョアン・マルク氏の料理は、マヨルカの伝統的なレシピの現代的な解釈で構成され、シンプルであること、その土地、季節の高品質の製品を使うことが基本です。

ジョアン・マルク氏の料理について沢山語ることはありますが、今の時点で、ミシュランのビブグルマンの評価をされています。

詳細情報
  • Chef Diego Gallego con Aceite de oliva Limerencia
  • Chef Angelica Gabriela Ocrain

Chef

ディエゴ・ガジェゴス・シェフ

キャビアのシェフ

「キャビアのシェフ」として有名な料理人、研究者、美食のリクリエーターはブラジル人で、彼の第二の故郷はマラガです。

アンダルシア料理の風味を再度発明し、豚肉の代わりに川魚を使い、キャビアをスター製品とし、アンダルシアのチョウザメを復活させようと非常に努力しています。

環境に対する敬意、偉大なイノベーション、地元で採れる最高品質の食材が、「キャビアのシェフ」にインスピレーションを与えます。 世界に向けて発信する方法としての映画は、彼の提案を発表する場所として理想的で、彼の制作したドキュメンタリーは、映画祭、料理に関する映画祭で放映され、Film & Cook Madrid Festivalなど、可能な場合は、そこで料理ショーを行い、コンテンツのある、クリエイティブな美食のコンセプトを強化しています。

の最初の映画「SOLLO」がスペイン国内、ウクライナ、インドの映画祭で放映映され、「食べるものがあなたを作り出す」という題名のドキュメンタリーの制作が終わりました。これは、持続可能な美食に賭けることの重要性に関して意識することを目指しています。2015年のマドリッド・フュージョンでの新人シェフ賞は、ディエゴ・ガジェゴス氏「キャビアのシェフ」が、スペイン料理界の真実であり、彼がヨーロッパで最も映画を放映されたシェフの1人であることを証明しています。

素晴らしい1年の最後に、ミシュランで1つ星、Repsolガイドブックで最初の1つの太陽を獲得しました。レストラン・ソジョと水産養殖に基づく持続可能な料理が、スペイン、ポルトガルの中のベストレストランの1つに位置づけられています。

詳細情報
  • Feliz Manso "El Druida" Con AOVE LIMERENCIA

Chef

フェリックス・マンソ氏

 

エル・ドゥルイダ・デ・ロス・フォゴネス

彼は、6歳の頃は、ガステイスの母親の節約料理しか知らなかったけれども、彼の好奇心が全てでした。 彼の母親の料理の間で、情熱が生まれ、それが後に仕事になりました。 芸術に変身した仕事、忍耐、知恵と愛情で作られた職人の芸術。

フェリックス・マンソ・マンサノス氏は、レストラン「フェリックス・マンソ・イバルラ」のオーナーであり、コック長です。 彼の料理は伝統的で、土地に根付いた料理で、伝統的で有名なバスク料理から世界の偉大なシェフの革新やアイデアに及びます。フェリックス・マンソ氏は、キッチンで魔法のように料理するので、「ドルイド」と呼ばれています。

彼の履歴書は非常に広範囲に及んでいます:

  • バスク料理センターでアルサック、ルイス・イリサル、イラリオ・アルベライス、アンドニ・ルイス・アドゥリス、ジョアン・ロカとマスタークラスを卒業。
  • フランスのミシェル・ゲラール氏の下で修行。
  • 2度、イルンのピンチョス・チャンピオン、ギプスコアおよびエウスカルエリアで2位に輝きました。
  • ギプスコアのEuskolabelチャンピオン、独自性の2つの賞、モロッコでのMarracheffで2位を受賞しました。
  • 料理コンペティションのスペイン代表メンバーとして、ドミニカ共和国での「Taste Santo Domingo」で2位、ギリシャでのヨーロッパ料理チャンピオン(金メダル)に輝きました。

彼の料理は、市場の料理で、彼のピンチョスに対して情熱を抱いており、それは、ミニチュア料理は挑戦だからです。他のレストランの料理のコンサルティングや、バスク料理センターで教鞭を執り、さらに、ミニマル(ミニチュア高級料理デー)などのチャンピオンシップでの審査員や会議などの様々なイベントに参加しています。

彼のレストランで、その料理に魅了されたり、テラスで有名なピンチョスを楽しんだりすることは非常に気持ちよく、Repsolガイドブックで2つの太陽の評価がされている有名なレストランです。

詳細情報
  • Limrencia AOVE jaen
  • Limrencia AOVE jaen

Chef

ハビエル・ブラスケス・シェフ

AOVEを愛する人

ハビエル・ブラスケス氏は、28歳の若いシェフですが、既にプロとして長い経験を積んでいます。小さい頃から、家族経営のビジネスにおいて、彼の料理に対する情熱が垣間見られましたが、バエサのホテルスクール「La Laguna」で「サービス長」「料理長」について学び、そこで料理に対する彼の真の献身を表しました。ミシュラン1つ星のマルベージャの「エスキナ・サブロサ・クレアティビダード」など、様々なレストランで修行を積みました。

サロウ(タラゴナ)のレストラン「ビラアレクサンデル」で修業を行い、カタルーニャ料理も身につけました。次のステップは、スペイン北部の料理を知ることでした。サンタンデールから始まり、そこで、ミシュランで星付きの2件のレストラン、「エル・セルバル」と「ヌエボ・モリーノ」のキッチンに入りました。 2011年、レストラン「エル・コラル・デル・インディアノ」のホセ・アントニオ・カンポビエホ氏が料理を愛する最大のきっかけになりました。

2012年から、ビジャヌエバ・デル・アルソビスポの家族経営のモラティージャ・レストランで料理長として働いています。ハビエルは、エキストラバージンオリーブオイルで有名なシェフで、ハエンの料理に重大な変化をもたらしています。 毎日、AOVEを使った新しい料理で顧客を驚かせています。

ソフィア王妃、著名な政治家やエンリケ・ポンセ、クロ・ディアスやクロ・マルティネスなどの闘牛士のような様々な有名人に人気の料理人です。エキストラバージンオリーブオイルに対する彼の情熱と貢献により、この貴重なオリーブのジュースの品質や特性を生かす様々な料理を作る機会を得ました。

また、「オリーブのマトリューシュカ」、「マグロの赤身とその3つの女神」、「わかめとAOVEの土のビネグレットでマリネしたサバ」、「メカジキとサメのタルタル、デエサ・ドス・エルマナスのチーズのムース、ドライフルーツとオレンジ、ピクアルAOVEのプラムケーキ」など、“ AOVEの存在が強調される料理で、様々な料理ショーにも出演しています。 さらに、様々な賞を受賞しており、例えば、2016年のCereza Castillerasコンクールでは、「サクランボ、フォワグラ、AOVEの土の風味のカロリーバー」を作りました。

受賞歴 -Health&Foodエキストラバージンオリーブオイル賞で、AOVE「エキストラバージンオリーブオイル」を使った美食開発におけるコラボレーションで最高の企業として、モラティージャ・レストランが銀賞を受賞しました。

コスタ・デル・ソルのマラガで2017年5月に開催された、エキストラバージンオリーブオイルおよび地中海食に関する専門家会議に参加しました。この会議は、SOCIEDAD ANDALUZA DEL OLEOCANTHAL、ASOCIACIÓN ESPAÑOLA、OLEOCANTHAL INTERNATIONAL SOCIETYおよびEXTRA VIRGIN OLIVE OIL INTERNATIONAL COOKING ACADEMYにより、「健康第一」というスローガンの下、開催されました。

10月6日には、2017年のハエン新聞の「ハエン・ホベン」賞を受賞しました。

詳細情報
  • Restaurante Tamesis Jaen con aove Limerencia
  • Chef Angelica Gabriela Ocrain en Restaurante Tamesis Jaen

Chef

ガブリエラ・シェフ…

料理における伝統と前衛芸術

レストラン・タメシスは、ハエン県で有名なレストランで、アンダルシア風の素晴らしい料理です。ロンドンを流れるテムズ川(スペイン語:タメシス)は、その千にも及ぶ表情を写し、毎日、知識、伝統、前衛芸術を組み合わせて、新しくなります。この他に類を見ない川から、フランシスコ・ナバロ氏はインスピレーションを受け、独自の料理のコンセプトを生み出しました。

現在、フランシスコ氏は、レストラン・タメシスの経営を続けており、ガブリエラ・オクライン・シェフに料理を任せています。ガブリエラ氏は、後継者として、フランシスコ氏のハイレベルな料理を維持するという難行を成し遂げたのです。革新することなく、「森の土、キノコとロマネスク」、「スペイン産牛肉のたたき」または「カリカリじゃがいも、大豆マヨネーズ、ワサビとAOVEのジャム」などの人気の高い料理がメニューにあります。

AOVEは、常に料理の本質的な部分を形成し、県内で最高のAOVEのセレクションを備えています。

ガブリエラ氏は、ミニチュアの素晴らしい料理のパーティーも開催しており、その師匠の歩んだ道のりを歩んでいます。

詳細情報
  • Chef Pepe Rodriguez aceite de oliva limerencia

Chef

ペペ・ロドリゲス・シェフ

長年の経験を持つシェフ

ペペ・ロドリゲス氏は、家族経営のレストラン「エル・ボイオ」の環境で育ちました。このレストランは、彼の祖母バレンティナにより、スペイン市民戦争の数年前に開店されました。その後、彼の両親が経営者となり、高校を卒業すると、ウェイターとして働き始めました。 彼の母が料理出来なかった時、ペペと彼の弟のディエゴ(現在のサービス長)が料理を交代で担当するようになりました。 そこで、ペペ・ロドリゲス氏は、22歳の時に料理人としての情熱を発見しました。

ビトリアで、80年代のスペイン人やフランス人の有名なシェフを知り、エル・ボイオのキッチンに立っていた最初の8年間は、レストランが休暇の間、偉大な料理の巨匠のレストランに務めていました。特に、マルティン・ベラサテギ氏は、彼のメンターでした。

エル・ボイオは、Repsolガイドブック2014年版で3つの太陽の評価を受けており、1999年にミシュランの星を得てから、今まで維持しています。 O11年後、2010年に、ペペ・ロドリゲス氏は、スペイン料理賞を受賞しました。 その年に、弟のディエゴ、イバン・セルデニョ、ロドリゴ・デルガドと共に、レストラン・ラ・カサ・デル・カルメン(オリアス・デル・レイ、トレド)をオープンし、2013年にミシュランの1つ星を獲得しました。

さらに、2件のレストランのオーナーである以上に、ペペ・ロドリゲス・レイ氏は、ボイオグループを通じ、レストラン、企業、団体のコンサルティング会社を所有しています。

詳細情報